Japan

This Robo Chef will make you perfect fried rice without any need to lift a heavy wok

Our reporter couldn’t get enough of this kitchen machinery that requires no more physical exertion than simply throwing in the…

Read More »

パナソニックとトヨタ、モノづくり現場の安全を守る–「指ダミー」で事故未然防止

 パナソニックは10月15日、トヨタ自動車と共同で、指部への比較的軽度な傷害の未然防止に向けた評価用ツール「裂傷評価指ダミー」(指ダミー)を製品化したと発表した。人と機械が共存、協働するモノづくり現場において、接触時の安全性を評価する技術として活用していく。 「裂傷評価指ダミー」(指ダミー)  指ダミーは、ロボットなどの機械装置や家具など、指を挟み込むような狭い箇所に、人体に代わって挟み込み、裂傷の有無を確認できるというもの。指の挟み込みや接触といった、作業者の身の回りの危険をダミーで評価することで、安心、安全なモノづくり現場につなげる。  トヨタ自動車 モノづくり開発センター開発試作部生産プラットフォーム革新室ロボットシステム開発グループグループ長の吹田和嗣氏によると「自動車部品は固いものや尖ったものが多いという特徴があり、ロボット、ワークや治具、ツールに作業者の指が挟まれてしまうなどの事故が想定される。こうしたリスクに対する安全確保と確認が必要になるが、今まで安全を評価する手段がなかった」と現状を説明する。 トヨタ自動車 モノづくり開発センター開発試作部生産プラットフォーム革新室ロボットシステム開発グループグループ長の吹田和嗣氏  パナソニックでは、安全性評価技術について取り組むプロダクト解析センターをコーポレート戦略・技術部門内に設置。パナソニック プロダクト解析センター所長の難波嘉彦氏は「プロダクト解析センターは、パナソニックの事業を支える『商品』『生産』『解析評価』の3つの技術の内、解析評価技術を担っている。ユーザービリティ、材料分析など8つのコア技術を持つが、そのうちの1つが『電気・人体安全』技術になる」と説明した。 パナソニック プロダクト解析センター所長の難波嘉彦氏  その流れを汲み、人とロボットが共存する環境における安心、安全の確保についても技術開発を推進しており、すでに、人とロボットの接触における危害の程度を区別できる「Pain Sensing ダミー(上肢部)」を開発している。  Pain Sensing ダミーは、人体の痛みを感じる構造を皮膚下のセンサーと骨表面のセンサーで再現できるというもの。皮膚、皮下組織、骨から成る人間の腕の構造を素材を組み合わせることで再現し、ロボットと接触した際に生じる痛みを区別する。  指ダミーは、人とロボットの挟み込み時の安全性を評価する技術。無傷、軽微、中程度、重大、致命的と危害の程度を5段階に分けた時、軽微と中程度の危害を区別するため、裂傷を指標としているという。  人体の骨にあたる芯棒部に、皮膚にあたる軟材料(指ダミー部)を被せた構成。皮膚に見立てた軟材料は、実際の人体と同程度と推定される裂傷強度を持つ独自開発の材料を使用している。指ダミー部を機械などに挟み込ませ、その際に軟材料が受けるダメージの程度から傷害を可視化し、指部の軽度な傷害の予測とその評価ができるというもの。軟材料を交換することで、繰り返しの使用が可能だ。 裂傷が発生した様子…

Read More »

YouTube’s moves against election misinformation were potent

YouTube’s stricter policies against election misinformation was followed by sharp drops in the prevalence of false and misleading videos on…

Read More »

We try European Cup Noodle Soba flavors to see which ones come out on top 【Taste test】

How do European yakisoba flavors satisfy a Japanese palate? Cup Noodle is one of Japan’s top instant noodle brands, but…

Read More »

2023年度からの新中計で見えてくる富士通が目指す真の姿

 富士通が2023年度にスタートする中期経営計画(中計)作りにそろそろ着手するもようだ。デジタルトランスフォーメーション(DX)企業への変身を宣言した現在の中計は、営業とシステムエンジニア(SE)の役割と責任を再定義し、2022年度に中核事業のテクノロジーソリューションで売上高3兆5000億円、営業利益率10%などの目標を達成するもの。時田隆仁社長らが目指す真の姿に変革するのが新中計の施策で、それまでにメインフレームなど残された大きな経営課題を解決するのだろう。  2020年度からの現中計は、サービスデリバリーとフロントラインの変革に取り組んだ。その1つが、各県に1社ずつ設置したSE会社の再編・統合を繰り返しながら、10月1日に富士通と富士通Japan(FJJ)の両組織にまたがるジャパン・グローバル・ゲートウエイ(JGG)に集約したこと。その数は約7000人で、開発から運用までを一体運営する内製化組織である。古田英範副社長は2021年2月に「システムインテグレーション(SI)ビジネスの在り方を変える施策の1つ」と語り、延々と続く国内の多重請負構造の改革を明かした。別の言い方をすれば、人月ビジネスから脱却し、提供するサービスの価値に対する対価を払ってもらうビジネスに転換することだ。  そのビジネスモデルを早く実現するのがFJJになる。同社前身の富士通ビジネスシステムは中堅企業向けにシステム販売を展開し、自前を含めたパッケージソフトをそろえてきた。それらをSaaS化し、Microsoft AzureやAmazon Web Services(AWS)などのクラウド上でソリューションとして提供する。いわば“IaaSフリー”にし、その上に載るものを統合していくということだろう。FJJのテリトリーは中堅企業から自治体や医療機関、教育機関へと広げて、SaaSなどによるクラウドビジネスを推進していくことになる。  一方、富士通本体の主要顧客とする大企業に、SaaSなど既成品の適用はなかなか難しい面もある。いずれFJJのようなビジネスを展開したいのだろうが、今は社内組織や役割を点検し、課題を洗い出す段階にある。それが「フジトラ」だ。富士通自身を変革するDXプロジェクトと銘打っているが、分かりやすくいえば草の根運動で、「おかしいな」と思う業務やプロセス、制度などを共有し、変えていくものとみられる。  そのために、世界の従業員約12万人の意見をリアルタイムに吸い上げる仕組みを作り上げて、まずは世界各国でバラバラの商談進行管理(パイプライン)を統一する。海外だけではなく、国内の事業部門、国内子会社で同じ粒度で見るようにする。こうした業務プロセスの標準化などの計画を作成したところ。その中には、社内の制度や複雑な事務処理などがグローバル市場を展開する上で壁になることもある。それらを解決するため、グループ全体を1つの統合基幹業務システム(ERP)にする「One ERP」や商談管理システム基盤「One CRM」などのプロジェクトも立ち上がっている。  加えて、富士通はフロントの営業とデリバリーのSEを一体化した組織にし、役割を大手顧客を担当するアカウントゼネラルマネージャーと顧客のDXを推進するDXビジネスコンサルト、専門技術を有しデリバリーなど担うSE&プリセールスエンジニア、さまざまな資格を持つ専門コンサルなどに再定義し、教育を実施する。  目指すモデルの1つは、おそらくアクセンチュアなのだろう。経営コンサルタントから業務改革、システム構築、運用までを一気通貫で提供するITサービスで、2021年8月期に売上高505億ドル、営業利益率15.1%と富士通を上回る業績だ。グローバルオペレーションを展開するアクセンチュアのビジネスモデルは魅力的にみえるのだろう。  だが、差異化をどう図るのだろう。富士通にあってアクセンチュアにないものがある。1つはハードウェアだ。特にスーパーコンピューター「富岳」などに代表される高性能コンピューティング(HPC)や量子コンピューター、大規模並列処理技術、第5世代移動体通信システム(5G)関連機器などで、大量のデータ処理をこなすコンピューティングパワーとネットワークのニーズに応えられるものになる。これらは、クラウドベンダーなどと組んで、単体ではなくソリューションやサービスとして提供していくのだろう。  ハードウェアには、富士通でなくても作れるものがある。例えば、x86サーバーやストレージなどで、それをどうするのだろう。逆に他社には容易に作れないものに、富士通の収益をこれまで支えてきたメインフレームがある。国内だけではなく、ドイツやオーストラリア、スペインなどにも数多くユーザーがいるが、2022年度中にはおそらく結論を出すことになる。  2021年7月、そんな次世代のテクノロジーを統括する最高技術責任者(CTO)として、古川副社長に代わって、IBM出身のVivek Mahajan氏が就いた。執行役員専務として招かれた同氏は、日本IBMでインフラサービスなどを担当した経験もある。どんなテクノロジーに注力するのか、注目する必要もある。  もう1つが、システム構築やハードウェア販売のパートナー企業を数多く抱えていること。アクセンチュアは完全内製化しているが、富士通は「FSA」と呼ぶシステム開発の協力会社約150社を重要なパートナーと位置づけていた。だが、JGGの稼働で関係は崩れる。富士通は今後、協力会社に技術者の提供や下請け的な請負開発ではなく、得意とする技術やスキル、ソリューションの提供を求めていくだろう。システム販売会社に対しても、自治体など地域顧客との関係維持の重要な鍵になるだろう。販売会社にとっても、富士通に以前のような魅力的なシステムがあるわけではないだろうが、それでも自社のソリューションと富士通の自治体向けリューションをセットに売り込む。  富士通はこうした組織体制や製品体系、協力会社との関係の再構築を2022年度中に終えて、2023年度から描いた姿への変革の仕上げ段階に入るのだろう。 田中 克己…

Read More »

Japan’s eight-month booster shot timeline could cause large sixth wave, study says

The health ministry’s plan to administer third doses of the COVID-19 vaccine at least eight months after an individuals’ second…

Read More »

New Pokémon GU collaboration dresses all the family, including babies for the first time

Uniqlo’s sister brand wants everyone to catch ’em all. Back in April last year, Pokémon fans queued around the block…

Read More »

パナソニック、電力供給とデータ伝送を実現する「HD-PLC」は現代の二股ソケット

 パナソニックがB2B分野におけるHD-PLCの導入に本腰を入れている。電波法の規制緩和により、工場などで利用される600V以下の三相3線での使用が可能になったことに加え、鋼船での利用が認められ、利用範囲が拡大。屋外、広大な場所、既存建物など、これまで難しいとされていた場所でのネットワーク構築を後押ししている。  パナソニック ライフソリューションズ社エナジーシステム事業部パワー機器BU市場開発部の寺裏浩一氏は「PLCは、実は10年以上に前に確立した技術で、当時は450kHz以下の低い周波数を使った電力線通信だった。その後登場したのが2〜30MHzの使用が認められたHD-PLC。この登場によって広く産業用途でも使える形に進化してきた」と説明する。 HD-PLCとは  現在は第3世代になっており、親機と子機を1対1で通信させていた前世代に比べ、端末機を使い、情報信号をバケツリレーで送るマルチホップ技術を搭載することで、長距離通信を実現。以前は間に分電盤を介すると信号が減衰し、通信ができないといったデメリットがあったが、分電盤に子機を設置することで、産業用としても使えるようになったという。 マルチホップ技術  寺裏氏は「配線工事コストの大幅削減や既設の電線を有効活用することで、配線工事コストを大幅削減できるほか、工期の短縮、軽量化につながる。施工時おける躯体の損傷を軽減できるほか、無線LAN使用時に起こる躯体等による通信障害を回避。現場作業者の手配、日程調整レスによる効率化につながる」とメリットを説明。一方で「数Gbpsといった高速通信はできないため、すべてのネットワークが置き換わるわけではない。Wi-FiやLANでは届きにくい場所などを補完できる第3の通信手段として採用してもらえれば、ネットワークの最適化が図れる」と選択肢の1つとして打ち出す。  パナソニック ライフソリューションズ社エナジーシステム事業部パワー機器BU市場開発部の松崎章氏は「HD-PLCは、電設資材配電インフラを『配電情報インフラ』へ進化させる主要技術。これは、パナソニックの創業商品である二股ソケットに通じる商品特徴を持つ。二股ソケットは照明と同時に家電にも電気が使えるように開発され、HD-PLCは、電力線を電力供給とデータ伝送の2つの用途に利用できる。PLC技術は現在の二股ソケットといえる」と位置づけを話す。 HD-PLCは現代の二股ソケット  今後狙うのは、Wi-Fiが届かずLAN工事が難しいとされる地下や船舶、トンネル、工場、屋外といった場所だ。「HD-PLCは産業分野で広く使われ始めている。この分野ではIoTデバイス数の成長率が19.8%ある。一方、HD-PLCの搭載デバイスは2020年度に累計400万個を達成。2023年度には690万個に成長する見込みだ」(松崎氏)と期待を寄せる。 ネットワーク技術比較 HDPLCが求められる環境 既存の電源線を活用できるという強みをいかす  採用事例も積み上げている。名古屋大学の外国人研究者と留学生向けの寮である「インターナショナルレジデンス東山」では、リモート授業の増加に伴うネットワークへの負担解消が喫緊の課題となっていた。学生からの要望により、早急に工事を完了させる必要があったが、有線LANの場合は入札に約3カ月、工事に約1カ月、光ケーブルでも工事に約2週間が必要と見られていたという。ポケットWi-Fiを貸し出すという手もあったが、それでは、月に27万円ほどの回線使用料がかかってしまう。  そこで、HD-PLCの導入を検討。既存電源線を活用するため、工事は2~3日で終えられ、PLCアダプターの発注から工事完了まで含めても約3週間で完了。既存電力線の活用により、工事費用は当初の予算から約50~60%削減できたという。  HD-PLCは電波法の規制上、出力に制限があり、通信速度の実効値は最大値20Mbps程度。これをすべての住戸となる137室で分割すると超低速になってしまうが、使用している系統を、キュービクルの分岐ブレーカごとに複数に分割。それぞれのネットワークにおける居室の割り当てを減らすことで、最大7戸で20Mbpsを使用できるようにしたという。  このほか、建物の構造から有線LAN配線の工事が難しかった旅館に、既存の縦配線にHD-PLCを通すことで、無線LANのアクセスポイントを整えたり、コンクリートの躯体のため、無線LANや4Gの電波が届かず通信環境の整備が難しかったマンション地下駐車場に管理室の分電盤を介して地下駐車場にネットワークを運び、通信できる環境を構築したりと、有線LANやWi-Fiでは諦めざるを得ないシーンでのネットワーク構築を実現しているとのこと。  また、配線距離が合計400メートルに及ぶ屋外グラウンドの長距離通信工事を、電源線を使用することで構築したり、携帯電話の電波も無線も届かないトンネル内での連絡手段として、現場事務所から光ケーブルをトンネル入口まで持っていき、そこから200メートル置きにPLCアダプターを18台設置することで、入り口から約4キロメートルの範囲で外部との通信が可能になったりと、屋外での導入もすすめる。  6月には電波法の規制緩和により、従来から使用が認められている単相交流(100、200V)に加え、主に工場などで利用される600V以下の三相3線での使用が認められたほか、これまで使用が認められていなかった船舶において、鋼船での利用が可能になるなど、利用範囲を拡大。「現場に欠かせないネットワークをHD-PLCを使って構築することで、電波の届かない閉鎖空間やWi-Fiが届かない場所などでもネットワークインフラを構築できる。これにより、現在の課題である労働力人口の減少にも役立てると考えている」(松崎氏)と課題解決にも寄与する。…

Read More »

‘New normal’: Kremlin says tough approach to Alexei Navalny allies here to stay

MOSCOW – The Kremlin and its loyalists have said they will maintain and in some cases intensify their tough approach…

Read More »

We try fresh orange juice squeezed for us by a vending machine in Saitama【Taste test】

Does fresh OJ taste even sweeter when it’s squeezed by a machine? Vending machines are ubiquitous here in Japan and…

Read More »
Back to top button
Close